1. 風俗
  2. 現在のページ

キャバクラ店長がキャバ嬢を確実に落とす方法を教えます

投稿日: 2022年03月06日

キャバ嬢を確実に落とす方法を知る男

あなたは何のためにキャバクラに行きますか?もしキャバ嬢を落としたい、エッチしたいと思ったことがあるのなら、この文章を読めばそれができるようになりますからぜひご覧ください。

実は私は10年以上に渡って、お客として、ボーイとして、経営者としてキャバクラに携わってきました。キャバクラに通うお客、キャバクラで働く女の子、キャバクラで働く従業員、お客とキャバ嬢、キャバ嬢とホスト、キャバ嬢とボーイ、ボーイとお客。それぞれのドロドロしたり、さわやかだったり、情熱的だったりする人間模様。
そして欲とお金、見栄と権力、愛と憎しみといった全てを様々な立場から見てきました。
中でもキャバ嬢を落とすことのできるお客の手法は全て同じパターンで、その手法は誰にでもできます。なぜ誰にでもできるのかということも含めて全て説明していきますので、是非最後までお付き合い頂ければ嬉しいです。

キャバクラの楽しみ方

キャバクラの楽しみ方は先ほどあげたように人それぞれです。普段女性にチヤホヤされる機会があまりなく、単純に楽しく飲んで楽しくおしゃべりしたい人。女性と恋愛がしたくて出会いの場所としてキャバクラに行く人。大勢で華やかな雰囲気を楽しみたい人。本当に人それぞれだと思います。
なかにはキャバクラに来る自分以外のお客の人間観察に来る人なんかもいました。パーッと気持ちよく飲みたい!というのであれば、それなりの金額を使う覚悟で、どんな女の子がついてもとにかく楽しもうという気持ちでいけばほとんどの場合は楽しめます。これが自分にとっても女の子たちにとっても一番いい飲み方、遊び方だと思います。

お金を払っているんだから楽しませてくれるだろう、楽しませるのがキャバ嬢の仕事、と思って飲みに行くと大概楽しめません。
なぜならいくらお金を稼いでいるとはいえ、大半の女の子が接客のプロではないからです。完全に相手任せで確実に楽しませてもらえるとしたら、よっぽどの高級店に行けばその望みは叶うと思います。
しかし、一般のキャバ嬢たちはそこまでレベルは高くないとはいえお仕事ですから、どんなタイプの男性でも、楽しもうとしている人に水を差すような接客をする女の子が少ないこともまた事実です。
盛り上げるのは難しくても、一生懸命盛り上げようと頑張ってくれます。どうせお金を払って飲むのなら楽しんだ方が得!くらいの気持ちで飲みにいけば間違いありません。

キャバ嬢の心理

キャバ嬢の心理 お金が目的

ここで勘違いしてはいけないことがあります。それは、前提としてキャバ嬢たちは必ずお金のために働いている、ということです。
お給料をもらえるからお話もするし一緒にお酒も飲む。笑ったり喜んだりするのもお給料が発生することの対価として出すしぐさなのです。
お酒もおしゃべりするのも大好きだから働いている。という女の子もたくさんいますが、じゃあお給料がなくても働くかと言われれば、100%の確率で誰も働いてはくれません。それをわかった上で飲みに行かないと、どれだけ通っても勘違い野郎として、本音で話し合える関係には一生なれないと断言できます。

皆さんも今までに、この仕事が大好き!この仕事が天職!と言っている人に会ったことがあるかもしれませんが、無給で働いている人はいなかったはずです。
ボランティア活動は無給かもしれませんが、本業もしくは貯金があってこそできることではないでしょうか?
当たり前のことだと皆さんは思うでしょうが、現実は、気に入ったキャバ嬢を見つけてその子目当てに通うようになると、「この子はお金のためだけじゃない」「俺と気が合うから楽しそうにしてくれる、喜んでくれる」と思ってしまいます。そう思わないと通っていても楽しくありませんしね。
ただ、悲しいようですが、キャバ嬢の心理は「お金」を前提にしないと成り立ちません。本音で「お金もらわなかったら一緒に飲むわけないじゃん」と言ってしまえばお客さんにはなってもらえず、お給料も増えませんから、彼女たちは必然的に「ウソ」をつくのです。
そして彼女たちはお客がどんなにイケメンでも、最初は「異性」としてではなく「お客」として見ています。イケメンだったらちょっとテンション上がるかもくらいしか考えていません。「異性」と「お客」の間の壁が果てしなく大きいのです。

キャバクラでのモテ方

キャバクラでモテるためには、お金も大事ですがそれ以前に清潔感が大事です。これはキャバクラに限ったことではありませんね。どんなにお金を持っていようがイケメンだろうが、髪の毛ぼっさぼさでフケだらけ、歯も磨いていなくて口が臭い、お風呂にも入ってなさそうで体臭がキツイ。服がヨレヨレ、汚れている。これではまずモテません。
清潔感さえしっかりしていれば、イケメンかどうか、太っているか痩せているか等は、実はキャバクラでのモテる要素としてはほとんど関係ありません。

そして一番大事なのは、本当にお金持ちかどうかではなく、お金持ちと思われるかどうかが重要になってきます。
簡単な一例をあげてみます。
60分5000円のお店で1万円使うとしましょう。
一方は女の子と気が合い、場内指名をしてドリンクを1杯飲ませてあげました。さらに30分延長してちょうど1万円。一人の女の子と長い時間一緒に過ごせました。
もう一方は、時間があまりないから長くいられないんだ、ごめんね。だからドンドン飲んで。と最初に言って、ドリンクを飲ませ、40分くらいで1万円。あと20分時間がありますが、時間を待たずそこで帰りました。仲が良くなるほどの時間もありません。
前者は長くいられたことで自分もアピールできたし、しっかり相手の話を聞くこともできて仲良くなれたような気がしますが、モテるのは間違いなく後者です。キャバ嬢からすると、後者の方が気になりますし印象に残ります。

キャバ嬢は、お客さんが本当にお金があるかどうかはわかりませんから、前者は90分で1万円使う人。後者は40分で1万円ですから、90分いれば2万円以上使う人ということになります。実際にお金持ちかどうかではなく、お金持ちだと思われる方が大事ということがよくわかります。
でもなかなかできませんよね。同じ金額で40分しか遊べないなんて損してますから。ただしキャバ嬢たちは「お金が前提」ですから、この「お客の損得」というところに非常に敏感なのです。自分が損をしたくないと思っていると、どれだけ大金を使おうと彼女達からは「ケチな人」としか思われません。

好きなもの飲んでいいよ!どんどんボトル持ってきて!ができる気前の良い本当のお金持ちが最強なのは言うまでもありませんが、それができれば苦労しませんよね。でも諦める必要はありません。お金持ちだと思われればいいわけですから。
簡単に言うと、友達に高い腕時計を借りて、ついでに高いスーツでも服でもいいから借りましょう。ぶっちゃけ偽物の高級腕時計でも構いません。それから「株式会社〇〇代表取締役」と書いた名刺を作って、財布の見えそうなところに入れておきましょう。500円もあればどんな高級な名刺でも10枚は作れます。名刺交換なんかしませんから10枚あれば一生使えます。
そしてできればお財布の中にぎっしりお金を詰めておきましょう。貯金を下ろして財布に入れ、キャバクラが終わったらまたお預け入れです。住信ネットバンキングなら手数料もかかりませんから経費はゼロです。
それらの小道具はあえて見せようとする必要はありません。キャバ嬢達は言わなくてもしっかり見ているので安心です。今言ったどれか一つだけでも用意するだけで、彼女達のあなたの見る目は劇的に変わります。

そしてガツガツしないこと、自慢げに話さないことがキーポイントです。

キャバ嬢を確実に落とす方法

お話しさせていただいたように、キャバクラでモテるのは意外と簡単で誰にでもできます。本当です。
ではキャバクラでモテたらそのままキャバ嬢をお持ち帰りできるのか?というとそう簡単ではありません。

そこで、皆さんがキャバ嬢をお持ち帰りできるように、私がキャバクラの店長時代に確立したキャバ嬢を落とす方法を紹介します。
ちなみに何をもって「落とした」かは、ズバリエッチできたかどうかです。

ここからは少し、テクニックと心理的なルールを理解する必要がありますので詳しく説明していきます。
前述のように、清潔感は絶対として、お金持ちに見える小道具を用意できればベストです。

全部で4つのステップで構成されています。

  1. 目標を決める
  2. キャバ嬢を接客する
  3. 揺さぶりをかける
  4. 仕上げ

順を追って説明します。

1.目標を決める

はじめのうちは自分のタイプの女性は狙わないのが鉄則です。お店は定休日のあるお店がベストです。

皆さんの知り合いで、よくキャバ嬢を落とすという方はいらっしゃいますか?たまーにいますよね。実はこの人たちのほとんどが、自分の好きなタイプを落としているのではなく、自分のことを好きなタイプを落としています。ここが非常に重要になります。
自分のことをタイプだと思う女性を見つけることができる人はチャンスが大きくなります。これはたくさんの女性と遊んでいくうちに自然とわかってきます。

基本的に男という生き物の大半は自分の好きなタイプにアプローチをかけて当たり前なのですが、これが大きな間違いです。自分の好きなタイプに行ってしまうと、難易度が爆発的に上がってしまいます。
何度も言いますが、キャバ嬢はお金が前提ですから、好きな気持ちが相手に伝わると好意を持たれるのではなく、まず間違いなくカモだと思われます。

自分のタイプではなく、自分のことがタイプな女性を狙う。これが初心者の鉄則です。

自分のことをタイプだと思う女性なんてわからないよ(泣)という人も多いかと思いますが、大丈夫です。心配いりません。わかれば楽になることは間違いのない事実ですが、要は自分が気に入ったタイプを避ければ問題ありません。
タイプだと思う女性に対してはどうしても我が出てしまい、知らず知らずのうちに相手に合わせられなくなりますから、落とすのは格段に難しくなってしまいます。それこそキャバ嬢の思うつぼですので、かわいいかわいくないではなく、好きだ、タイプだ、と思った女性を狙うのはやめましょう。

経験を重ねればタイプのキャバ嬢でも落とせるようになりますから、まずは成功体験を積むことを最優先にしましょう。

2.キャバ嬢を接客する

キャバクラに行ってキャバ嬢を接客するなんて聞いたことありませんよね?しかし、自分も楽しんで狙ったキャバ嬢を落とすことができるのは、性格がよくてお金持ちの超イケメンにしかできません。
もしくはたまたまあなたがそのキャバ嬢の超絶ストライクなタイプであれば可能です。それは限りなくゼロに近い確率か、よっぽど運がよくなければできません。運を当てにしていてはいつまでたってもキャバ嬢を落とせませんし、お金がいくらあっても足りません。
ですから、キャバ嬢を落としたいのであれば、相手に全ての集中力を傾けてキャバ嬢を接客することです。
全ての集中力を相手に向けますので、お酒を飲むときも、グラスをとるときも、お店を出るまで絶対に相手から目と耳を離さないで下さい。タバコを吸うのもやめましょう。これを踏まえて初めて実際に会話に入ります。

まず第一に、キャバ嬢との会話は、自分の話は最小限にして相手にしゃべってもらいましょう。
相手の目を見て、相手のしゃべることは一言一句聞き漏らさないでください。
そして第二に、【オウム返し】【追撃】【オーバーリアクション】という手法の組み合わせを実行します
使い方の例を挙げます。
×
嬢「昨日ディズニーランド行ったんだー」
自「マジで!?いいなぁ」
ここで話が終わってしまいます。

嬢「昨日ディズニーランド行ったんだー」
自「マジで!?昨日ディズニーランド行ったんだ!いいなぁ」
これが【オウム返し】です。
これに【追撃】を加えます。
嬢「昨日ディズニーランド行ったんだー」
自「マジで!?昨日ディズニーランド行ったんだ!いいなぁ。それでそれで?どうだったの?」
嬢「〇〇が楽しかったんだ!」
自「そうなんだ!今度俺も〇〇絶対行ってみよう!それからそれから?」
さらに【オーバーリアクション】も加えます。
嬢「〇〇行ったとき友達が〇〇しちゃってw」
自「友達が〇〇ってwwwめっちゃウケるんだけどwwwww、嬢ちゃんめっちゃ話し面白いねwwそれでそれでww?」

こんな感じです。基本的に自分の話はどんなに相手が楽しそうにみえても十中八九演技です。なぜなら年齢も性別も違う初対面の相手を話で楽しませるのは、芸人さんでもない限りかなり難しいことですし、合わせて楽しそうにするのがキャバ嬢の仕事だからです。

そしてこの【オウム返し】【追撃】【オーバーリアクション】は、ただただ相手の話に乗っかっていくだけなので誰にでもできます。
同じ単語を繰り返すだけで、この人は私の話をちゃんと聞いてくれているなと思わせることができます。相手はいつもより気持ちよくお話をしてくれますよ。
それから、ケチだと思われたらおしまいですから、何か飲みますか?とこちらから言ってあげましょう。一時間でせいぜい2杯ですから、お代わりをねだられたら気持ちよく飲ませてあげてください。長い時間いて何万も使うよりも、1杯1,000円の飲み物を気持ちよく飲ませてあげて早く帰った方が確実にモテます。

ワンセットでここまですると、キャバ嬢はこの人絶対私のことが好きだ、イケる。と思わせることに成功しています。冷静に観察すると、キャバ嬢の表情が自信に満ち溢れている顔になっていますからよく確認してみてください。ここまで来たら次はステップ3に移ります。

3.揺さぶりをかける

さて、お時間がやってきました。あなたは大変楽しそうにしているし、気前もよいと思われているので、キャバ嬢は絶対の自信を持って延長すると思って安心しているはずです。
ですが延長はせずここで終わりにします。間違いなく相手はびっくりして、絶対の自信が崩壊しそうになり不安になります。これが第一の揺さぶりです。
もっといたいけど絶対また来るね、ごめんね、予定があるんだよ。と心から残念そうに、申し訳なさそうにお会計を済ませましょう。そして忘れずに連絡先を聞いて帰ってください。そしてその日のうちか遅くても次の日にありがとうの連絡を電話ではなく、LINEやメールなどでしてください。相手から先に連絡が来たら、また近いうち絶対行くねと即レスしましょう。相手は第一の揺さぶりで少し不安になっていますので、あなたからの連絡に安心して、また自信を取り戻すでしょう。この、安心と不安の繰り返しが揺さぶりです。

ここまでの安心→不安→安心のステップで、相手はかなりあなたのことが気になっています。気になっているということは、もうすでにお客の壁を越えて異性として認識されています。そして次はステップ4の仕上げです。

4.仕上げ

ステップ3で、安心→不安→安心とうまく揺さぶりをかけて異性と認識されましたので、目標達成までもう一息です。

もう一度強く不安感を煽るためここでいったん突き放します。ズバリ連絡を無視します。連絡が来たらすぐに返信したいところですが、グッとこらえましょう。返信は5、6回に一回くらいにしてください。
一度安心していますから、すぐにまた安心感が欲しくなり、相手はかなり積極的になっています。ここまでくると、自分の魅力であなたがお店にくるということと、自分の魅力であなたが会いに来るということがごっちゃになっていますから、会えれば場所がどこだったとしても関係ないという考えになっています。
でも焦って店外デートに誘ってはいけません。元の関係はあくまでお客とキャバ嬢です。キャバ嬢がお客とのやり取りで一番面倒くさい、お客ってみんなこれ言うよね、というセリフの第一位が「店の外で遊ぼう」ですから、こちらから誘うと今までの苦労が台無しになる可能性があります。

ここで、定休日のあるお店を選んだことが効いてきます。

ここでいう言葉はただ一つ。「仕事の休みが〇曜日(お店の定休日)になってしまって行くのが難しい。だから残念だけどなかなか会えないんだよ。ごめんね。」これ一択です。相手は、私が嫌われたんじゃないんだ、会えないのはそんな簡単な理由だったんだ。なら簡単じゃん。「じゃあ〇曜日遊ぼうよ。」こう来ます。これで一丁上がりです。丁寧に、「休みの日なんじゃないの?君さえよければその日大丈夫だけど。。」くらい言っておけばなお良いでしょう。

ウソみたいですが、何度もこのパターンで成功しています。そして当日は夕方くらいから会って、夕食、お酒、ホテルで目標達成です。店外デートだからと言ってちゃんと計画して早い時間から会ったりすると失敗する確率が上がりますし、あまり遅い時間だと警戒されますから、夕方からの短い時間ですぐご飯、お酒という短期勝負が万全です。

最初の出会いから短時間で、関係性が出来上がる前に、プライベートで夜キャバ嬢と二人でお酒を飲むことができたら、エッチできる確率はほぼ100%です。
食事やお酒は対面ではなく並んで座り、相手が酔ってきたらグズグズせずにホテルへ移動しましょう。この流れであれば断られることはまずありません。

まとめ

この「揺さぶり」と、その前後の行動が人の心を動かすのを何度も見てきました。そしてそれを理論立てて考えると、ウソのようなことも自然と納得できるようになったのです。さらに深堀りし「揺さぶり」になるお膳立てを整えた結果、この4つのステップは心理的に完成度が高く、生理的に無理があると思われていなければ、ほぼ100%の確率で成功しますのでぜひ試してみて下さい。

最後に、実をいうとこの方法はキャバ嬢以外でも使えます。ただ、この方法で落とした女性を心から好きになることはまずありません。
本当に好きな人ができたときは、この4つのステップは決して使わず真正面から素直に気持ちを伝えた方が幸せになれると思います。
本当に大事な人を間違わないように気を付けてくださいね。