1. 女心
  2. 現在のページ

女性が本命の男性にだけ送るLINEの特徴15選

投稿日: 2022年02月27日

本命の男性にLINEを送る女性

現役女子大学生のゆいです。この記事では、女性が本命の男性にだけ送るLINEの特徴を紹介します。

誰しもが連絡ツールとして使うLINEには、女性が好意のある相手にしか送らない15の特徴があります。男性の皆さんは気になる相手と会話しているLINEと是非、比べてみてください。

1.返信が早い

誰しもが好きな人と一秒でも多く会話したいもの。好きな男性と連絡を続けているときは、返信まだかなぁと待ち遠しく感じている女性も多いはずです。

そのため、LINEの通知が意中の男性ではなく、家族や友達、公式LINEだったりして、がっくりしたことが恋愛経験のある女性なら、一度は経験したことのある出来事なのです。

2.好きなもの嫌いなものを把握している

LINEで、何気なく「俺、甘いもの苦手なんだよね」なんて話したら、興味のある男性に対してわざわざバレンタインデーにチョコを渡さないはずです。
代わりに、お洒落なマフラーをプレゼントするかも知れません。

女性が好きな男性の何気無い会話から好き嫌いを覚えるているという事は、少なからず、あなたに興味があるでしょう。

3.相手の興味のあることについて話す

意中の男性が物凄くグルメ好きで「毎週末美味しいフランス料理店を開拓しているんだ」なんて言われたら、自分も美味しいフランス料理店を開拓してみたりとあらゆることを真似したくなってしまうのです。
相手と同じ行動をしてしまう「ミラーリング効果」と言ったところでしょうか。

そして、まるで偶然かのようにその話題について知識や情報を集めることによって、LINEを弾ませる。なんてこともあるのです。

4.メッセージに名前が入っている

好きな相手に特別感を持ちたいと思う女性は少なくないはずです。名前で呼んでみたりと周りと違う雰囲気を出すことで、相手に少しでも自分の存在を意識して欲しいのです。

また、学校やバイト先、職場などで他の異性には「さん」付けや苗字で読んでいるのにも関わらず、自分にだけ下の名前で呼ばれているなら、あなたが本命と思っても良いかもしれません。

5.疑問文で返ってくる

好きな人とのLINEが終わってしまえば、会話がそこで終了となってしまいます。

そこで、もっと話したい、途切れたくないという思いから「?」を使った疑問文が多くなるのです。

話が終わりそうになったらとりあえず疑問文で返信して会話を続けるというのは、本当に話したい本命のみにしか行わない行為です。

6.自分以外の同性の話をされると返信が冷たくなる

女性は男性よりも嫉妬心が根深いと言われています。そのため、男性が不意に通りかかった女の人に対してや、テレビの中の女優さんでさえ、「かわいい」などの褒め言葉を言ったものなら、沸々と何処からか怒りや嫉妬心が湧いてくるものなのです。

本命の女性の前では、目の前で他の異性のことを褒めるという行為は控えた方が良いでしょう。

「私のこと好きじゃないのかも」と誤解されてしまう原因にもなりうる可能性もあるのです。好きな女性がいる男性は覚えておきましょう。

7.どんな些細な会話でも覚えている

一途な女性は話した内容をしっかりと覚えていて、どんなに小さな約束でも忘れません。

「今度一緒に行こうよ」「ここのお店探しておくね」などと送信したら、きちんと責任を持って動きます。

常に相手のことを思い喜ばせようとする気持ちがあり、相手とLINEで話したり、あわよくば「会おうよ」と、会う約束に繋げる行動力の原動になっているのです。

8.とにかく褒める

褒められて悪い気をする人はどこにもいないはずです。好きな男性を褒めて喜ばせてあげたいし、彼が良い気分になれば「自分への印象も良くなるはず」という期待感を密かに抱いているようです。
褒めることによって、自分も相手も嬉しい気持ちになり、一石二鳥なのです。

しかも、LINEなら顔を見られない分、文字のインパクトがあり、相手に良い印象を与えるのに最適です。

9.相手を思いやる

大体の人が携帯を見ている時間といえば夜の寝る前などですよね。この時に、LINEの会話で「明日の朝早いんだ」なんて言われたら、「じゃあ、もうそろそろ寝よっか」というように、相手を思いやる行動が見られます。

また、「体調悪いんだ」なんてLINEがきたときは、好きな人であるならば、「大丈夫?」や「ちゃんと食べれてる?」と、相手のことを心配する内容が送られてくるでしょう。

10.絵文字が多くなる

好きだからLINEで絵文字を多く使う女

カラフルで「!」のマークや「絵文字」を使った文章は、何もない文よりも華やかになりますよね。嬉しい、幸せ、楽しいといった自分の感情を表すことが最も簡単に出来るのが「絵文字」なのです。

「絵文字」は、文を華やかにさせるだけでなく、LINEの向こう側の相手に感情を伝えたいという思いから、文面を飛躍的に理解しやすくします。

また、LINEで話が盛り上がってきた時にハートマークや嬉しそうでポジティブな絵文字が使われているのは、あなたに好意がある印かもしれません。
ただし、女の人によっては、ハートマークを濫用している女性もいます。ハートマークが送られてきたからといって必ずしも本命に相手とは限らないので注意しましょう。

11.何気ない会話をする

男女共に言えることなのかもしれませんが、興味のない人にわざわざ今日会ったことを報告したくはないですよね。

最近会ったことやくだらない話を女性からされるのは、興味がある証拠です。

また、写真で今日あったことや日常を伝えるということも、興味がある表れと言っても過言では無いでしょう。

本命の男性に何気ない話を聞いてもらうことに、喜ばない女性はいないのです。

12.相手の趣味について話す

現代の若者なら、一度はInstagramやTwitterなどのSNSを使ったことがあるでしょう。SNSが発達し、個人の出来事や日常が以前よりはるかに可視化しやすくなっています。
このことから、相手の日常を把握し、話題を広げることが出来ます。そこから相手の趣味に探りをいれている女性は少なくありません。

また、探りをいれていない女性でも、趣味の話をして、興味を持って積極的に話に参加してくれるのなら、あなたに興味を持っているのでしょう。

13.写真を送る

「今日こんなところへ行ったよ」や「この犬の写真可愛くない?」といった写真付きのラインが送られてきたのなら、本命かも知れません。好きな人に、自分の体験した出来事を共有したいのです。

そこから会話が発展することを恋する乙女は密かに望んでいます。
もし写真や画像が送られてきたときは、話題を深掘りしてあげましょう。何も反応がないと、女性は興味なかったのかなと不安になってしまいます。

14.Aくんのそういうこところが好きとLINEがくる

相手にベタ惚れな女性はとにかく褒めちゃうんです。また、好意が全面的に出ないようにしながらも「あなたに興味があるよ」という狙いもこめて、「Aくんのそういうところが好きなんだよねぇ」と遠回しに好意を伝えます。

直接「好き」と言われなくても、あなたに好意を寄せている女性はこれを使っているかもしれません。

LINE上の発言で顔が見えないからこそ、相手に好意がありますよという内容が送りやすいのです。

15.LINEギフトが送られてくる

バレンタインや誕生日などの特別な日に、好きな男性にだけLINEギフトを送っているかもしれません。

「昇格おめでとう」とお祝いの言葉と一緒にLINEギフトを送るのは、相手に好意がないとその気にならないはずです。

また、バレンタインにギフトが送られてきたら、告白はなかったとしても、実は本命チョコをあなたにだけに渡していたのかもしれません。