1. セックスフレンド
  2. 現在のページ

セフレを維持する簡単な方法6選!維持歴10年の筆者が秘訣を伝授

PR投稿日: 2022年02月17日

セフレを維持する顔を隠した男

高校生の頃からセフレの絶えたことのない筆者が、今回はセフレを維持する簡単な方法をご紹介します。

これから説明する方法は特別な才能がなくても誰にでもできる方法です。セフレが現状いないという人が読んでも役に立つ情報なので、興味のある方はぜひ読んでみてください。維持の難しいセフレは果たしてどのように維持するのが正解なのでしょう。

恋メモH セフレ編集部

筆者:恋メモH セフレ編集部

マッチングアプリに精通し、50人以上と関係を築いたヤリチンや、経験人数100人以上を誇るヤリマンなど、性に奔放な男女が、自身の経験から得た知識をシェアします。

1.元カノ、今カノをセフレ化する

セフレといえばセックスフレンドの略です。なので、友達関係から派生してセフレになることが基本であると考えるかもしれませんが、実際には元カノや今付き合っている彼女がセフレ化するパターンが一番多いです。
私個人の場合もそうですし、私の周囲の友人の話を聞いてみても、恋人関係にあった人と次第に肉体関係のみになっていくパターンが非常に多かったです。

恋人関係にあった、もしくは現状そういった関係の相手をセフレとして維持するのは比較的容易です。一番簡単な方法としては、個室でお酒を飲むことです。
お互いにいい感じに酔ってきてたら、適当に相手の良い点をほめる→ボディタッチを行う→嫌がらなければそのままキス→体を少しずつ触る。このパターンで私は数々の女性をセフレ化していきました。

特に、既に一度恋人関係にあった間柄であれば、ボディタッチに対して抵抗を示すことも少なくなるため、大抵そのまま肉体関係に持ち込ます。
ここで焦ってはいけないのが、急にパンツに手を入れたりするなどのハードな行為を行うことです。急に過激なことをしてしまうと拒否されることがある為、焦る気持ちを抑えながら少しずつ触る箇所をハードにしていきましょう。

行為に持ち込めた後は、お互いの関係性を明確に言葉にしないことが大切です。付き合っている、付き合っていない、を区別してしまうと、そこで関係性が途切れてしまう原因になる為、あくまで曖昧な関係を保つことがセフレ維持の秘訣です。

2.マッチングアプリであった相手はほぼセフレにできる

マッチングアプリで会った女性をセフレにしようとする男

マッチングアプリをしている女性は、性的に飢えている可能性が高いため、セフレにできることが多いです。
特に女性は20代後半から30代の間に性的な欲求が高まることが研究結果としてある為、そういった年齢層を狙うことでセフレ獲得&セフレ維持しやすいです。

また、マッチングアプリをしている女性は単純に暇だからやっているという層も一定数存在します。
そのため、肉体関係のみではなく、友達としてどこかへ遊びに行ったりするといったコミュニケーションもとるようにしておくと、遊んだ後に毎回行為を行うといった流れが作りやすく、セフレ関係が維持しやすいです。

マッチングアプリで知り合うことができる異性の数はたくさんいるため、セフレを募集している女性もいます。プロフィール欄をみて相手がどのような関係性を求めているかを見ておくとよいでしょう。
マッチングアプリのコツとしては、とにかく数をうつことです。手当たり次第に声をかけて誰かしらから返信があればよいと考えて行動するのがお勧めです。

3.美人でない子はセフレ維持しやすい

はっきり言ってブスな子ほどセフレ維持がしやすいです。理由は、競争率が低く、ほかの男にとられにくいからです。
また、恋愛経験が豊富ではない為、性行為に慣れていないことが多く、やってみてはまる子が多いからです。

私の場合は特に、顔はあまりですが体がとにかくよい子を中心にセフレ化していました。抱いてしまえばあとは体の相性ですからね。
中にはFカップの巨乳の子もいました。この子は初体験が私だったこともあり、色々なプレイをしていくうちにどんどんとセックスにはまっていきました。
数年間セフレとして肉体関係を週1、2くらいのペースで持ち続けていました(生理のある週は避けていました)。そんな感じで、彼女とは人気のない野外で行為に及んだりもしていました。
そんなこんなで関係がずっと続いていたのですが、私が約束を破って中に出してしまってからは関係が途絶えてしまいました。
今までは、生でやっており、最後には外もしくは口に出すのが定番だったのですが、勢い余って出してしまったところ、それ以降関係を辞めたいといわれてしまいました。

4.セフレを維持したいなら中出しはNG

先ほどの項目でもお話しましたが、セフレ関係を維持したいなら相手がピルを飲んでいないにも関わらず、中に出すといった行為はやめましょう。

中出しを続けていると相手の信頼を失うだけでなく、万が一の場合は子供ができたり、中絶のための費用を請求されたりするリスクがあります。
このような結果になってしまうと、セフレ関係を維持できなくなってしまいます。

セフレはあくまで双方の合意によって成り立っているため、相手が嫌がるような行為はしないようにしましょう。

女性によっては、やる際には必ずコンドームの着用を要求してくることもあります。こういった場合は信頼を得るためにも必ず着用するようにしましょう。
こうした行為を積み重ねることで、信頼を得た先に生や中といった行為ができます。

私の場合も、初めの何回かはゴムありしか許してくれない相手がいましたが、回数を重ねた結果、生でできるようになったり、ピルを飲んできてくれるようになりました。

お互いに気持ちの良いセフレ関係を築くためにも、相手の気持ちを尊重する意思を忘れないようにしましょう。

5.プライベートに踏み込みすぎない

セフレ関係はあくまで肉体関係のみの関係である為、相手のプライベートなことを聞きすぎないようにしましょう。

相手がいくつで普段何をしていて、どんな家族がいるのかなどの質問は基本的にしないほうがいいです。
どんな地雷が隠れているかわかりません。

私も過去に何気なくこれらの質問をした結果、相手が不機嫌になってしまい、微妙な空気になってしまいました。
特に、マッチングアプリであった相手は警戒心を一定数持っていることが当たり前なため、個人情報に紐づくことは話すべきではないです。
相手の女性からすると、マッチングアプリであった相手にストーカー行為をされたり、情報を悪用されるかもしれないと考えるからです。

会話は、お互いの趣味の話やこれから遊びに行く場所の話など当たり障りのないことを話すとよいでしょう。
プライベートなことを話すのはしっかりと信頼関係を築けた後です。

6.清潔感を出す、保つ

顔のケアをする男

行為に及ぶ上で大切なのが清潔感を持つことです。男女双方にいえることですが、特に男性の場合は整っていないひげが生えていたり、体臭がきついなどの問題が想定できるため、日ごろから注意が必要です。

私の場合は、外見的な清潔感は出ていたのですが、いざホテルに入ってフェラをしてもらう際に、あそこが汚すぎて一度お風呂に入ってほしいといわれてしまいました。
私のあそこは仮性包茎のため、普段は皮をかぶっています。なので、トイレに行った後などはその残尿があそこにまとわりついていることが多く、それを見て相手が嫌がったということです。
私は外見ばかりに気を取られており、肝心な部分がおろそかになっていました。
洗えばひと手間で済むことではありましたが、印象は悪くなってしまったでしょう。
この一見以降、私は行為に及ぶ前は事前にお風呂に入ったり、トイレの個室でウエットティッシュであそこを拭う習慣をつけるようになりました。
そのおかげもあってか、あそこの独特な匂いも抑えられ、フェラしてくれる子が多くなったように感じてます。

このように、清潔感を保つことは自分にとってもメリットのあることなので、抜け目なく実施することをお勧めします。
不潔感がある場合は、最悪の場合、性病の危険性を持っていると考えられてしまい、せっかくの行為を避けられてしまうことにもつながります。