1. 結婚
  2. 現在のページ

非日常の出会いを探すエロい人妻が出会い系サイトに集まる理由

投稿日: 2022年02月05日

非日常の出会いを楽しむ人妻

ストレス社会と言われる現代において、日常を忘れる時間・非日常が必要なことは言うまでもありません。

ただ、性的な面でのストレスを抱え込むと辛く、身近な人に相談も出来ないということで思考がトンネルに入り込むということも珍しいことではありません。

そのため今の時代、既婚女性が出会い系サイトを使って、こっそり秘密の関係を持てるパートナーに出会っているのです。

違う自分になれる相手との非日常の出会い

俳優や女優は、ドラマや映画の中でその役に入り込むことでプライベートの自分とはまったく違う人間を演じることも多いですね。なのでトーク番組で素性を明かされると、意外な一面を見たりして驚く視聴者も多いわけですが、このように普段の自分と違う一面を出せる場があれば人生の幅も広がると言えるでしょう。

夫婦生活の夜の生活を考えた場合、セックス自体が日常の中に組み込まれてしまうと興奮は薄れてしまいます。さっきまで子供の学費のことで難しい話をしていた夫婦がベッドに行っていざセックスだとなっても、テンションが上がらないのは当然です。

そして次第に夫婦生活がマンネリ化してしまい、我慢出来なくなった奥さんが旦那以外の男との出会いを求めるようにもなるわけです。

ただ、離婚までは考えず、ちょっとした火遊び程度でいいと考えている女性が多いのも事実で、刺激のない日常を忘れる時間が持てる男性を探したりするわけです。

Jメール(R18)に登録し、プロフィールページを読んだり何人かの女性とメッセージ交換すると、このような非日常を感じられるお相手との出会いを求めている既婚女性が非常に多いことが分かります。

人妻はセックスで思いっきり発散したい

非日常のセックスを楽しむ人妻

既婚女性の中で多くストレスを抱える原因はコレですね。

とんでもないヤリマンの性癖を持つ女性でなくとも、結婚して年数が経つと旦那のセックスでは物足りないと感じるパターンが圧倒的に多いです。

ちなみに男の立場からすればいろんな言い分があります。例えば奥さんが付き合っていた時よりも太ってしまい、女として見れなくなったとか、奥さんがマグロでセックスをしていてもずっと男から尽くさなくてはならなくて疲れる、など理由は様々。
ただ、どんな理由があれど夜の夫婦生活がギクシャクすることは事実で、そうなれば仮に営みは何とか続けていたとしても、義務的にしているだけということになりかねません。

結果、女性としては「恋人同士のような情熱的なセックスがしたいなぁ」と、「女」としての本能が沸々と蘇ってくるのです。

出会い系サイトの体験談を読んでいると、独身の男性が「セフレにするならやっぱり人妻さんが最高だ」的な絶賛のコメントを書いていることも多いですが、旦那さんとのつまらない日々を発散することが目的なのですから、彼女たちが淫乱な姿をさらけ出すのは当然ですよね。

出会い系サイトでは素性を明かさずに出会うことも可能

旦那さんとのセックスに不満を持ち、他の男性と体の関係を求めて非日常を味わおうと出会い系サイトで人妻が男性を探す場合、気になるのは身バレです。

自分は家庭崩壊させる気もなくてちょっとした秘密の遊びと思っていても、旦那以外の男とセックスをするということは一般的に見れば立派な不倫ですので、万が一それが知人に見られたりすると大変です。

また、本名を告げてその名前が何らかの形で身内の耳に入ったりしても大変なわけですが、その点、出会い系サイトでは「本名を明かさないでOK」というのが大前提になっています。

筆者も出会い系サイトを通じて10人くらい女性と会ってエッチしたことがありますが、プライベートまで踏み込んであれこれ聞いてきた女性は皆無です。
もちろん、こちらからも女性にはほとんど聞きません。聞くとすれば「どんなセックスが好み?」「好きな体位は?」など、これからプレイする前に知っておいた方がいいと思われるセックスの嗜好くらいです。
なので極論を言うと、一度会ってエッチして相性が悪ければそれっきりでも全然OKで、現に筆者も数人そんな女性がいました。
そんな時でも深追いしないのが出会い系サイトの暗黙のルールですので、相性が悪いと思えば、また別のお相手探しに移行すればいいのです。

出会い系サイトで出会う人妻はなぜエロいのか

お風呂で身体を洗う人妻

旦那以外の男とセックスする時の人妻はマジでめっちゃエロいです。
ここぞとばかり自分の内面に秘めた欲望をさらけ出してやるという感じで、こちらが引いてしまうほどの淫乱な姿を見せることも珍しいことではなく、女性経験の乏しい若い男性などには刺激が強すぎる感も否めません。

人妻さんというのは時間が無限にあるわけではありません。しばしの逢瀬の時間が終われば気持ちを切り替え、何事もなかったような顔をして日常に戻っていかねばなりません。大きな喘ぎ声を出してラブホテルで昼間から若い男とセックスしていた奥さんも、2時間も経てば晩御飯の支度をしているということもよくあることです。
なので、彼女たちは限られた時間で非日常を存分に楽しもうと必死です。
「恥ずかしいわぁ~」なんて少女のようにモジモジしていては時間の無駄ですので、会った時は挨拶もそこそこにコトに及ぶ準備を始めるものです。

筆者も以前、自分からホテルに入ってさっさと服を脱ぎ始め、「一緒に入ります? うふふっ」と誘惑されたことがあります。
この時、部屋に入って5分も経っていなかったと記憶していますが、向こうはコチラと会う前からドキドキで、久々に心置きなくエッチが出来ると意気込んできたことが伝わってきました。
ちなみに、この時の人妻さんはおっぱいがかなり大きく、初対面の男と一緒にお風呂に入ってもがっかりされないカラダだと自分で自信があったのでしょうね。
ただ、セックスではかなりのクンニ好きで、私は人生でこんなにアソコを舐めたのは初めてだと思えるくらいこの女性に奉仕させられました(笑)。

非日常を求めている奥さんとは?

一般的にどの女性が非日常を求めているかということについては、外見からは分かりにくいものです。
「私は旦那に不満でこっそり遊んでくれる方を求めています!」という看板をぶら下げているわけではないので当然なのですが、会ってみると最初はどうしてこんな普通っぽい奥さんが不満を持ってるのか? と不思議に思うことも多いです。

筆者はある時、スーパーでパートをしているという奥さんと話がまとまって昼間から会ってこっそりエッチしたことがあります。その奥さんの望みは「交通費だけいただければいいです」とのことで、金銭的な望みはない感じでした。
そしていざ本人とご対面、となったのですが、小顔でシュッとしたお顔はなかなかの美人さんです。こんな女性がスーパーのレジにいるならば毎回その列に並びたいとまで思わせるくらいでした。
深く話し込むと、「旦那では満足出来なくて。私は週に2回はしたいんだけど主人は月1が限界。だからこうやってサイトで探すしかないのよ」とあっけらかんと話しました。

男性の場合、セックスに不満ならば風俗で発散という手もあるわけですが、女性はそうはいきません(昨今は女性用風俗に行く人も増えてきましたが、まだまだ女性全般に浸透するには時間がかかりそう)。
なので、この時に会った奥さんの悩みは理解出来ますよね?

ちなみにこういう奥さんと出会うと男は内心「やったぁ」と思うものです。
旦那さんとうまくいっていないということはストレスが溜まっていることが確実なので、話を聞いた段階で激エロで淫乱な姿を見せてもらえることはほぼ確定というわけですからね。旦那さんとの関係が少々かわいそうだと理解はしつつも、「今日は楽しめるぞ!」と一挙にテンションは上がるのです。
もちろん、彼女たちの望みも非日常を感じられる情熱的なセックスなので、結局お互い同じ思いで楽しめちゃうというわけです。