1. TOP
  2. 女ウケ
  3. 現在のページ

女の子が憧れるエッチの誘われ方5パターン

投稿日: 2018年03月11日

執筆者: まさみ

素敵な誘いを待つ女性

女の子は精神的にも肉体的にも常にエッチをしたいと思っている生き物ではありません。

ただ、エッチはしたくなくても好きな人にその気にさせられて嫌な気持ちはしないです。その誘い方次第で、女の子もエッチしたいという気分に持って行くことが容易に出来るのです。そのコツを掴めば、男性陣も気持ちよいエッチができるのです。

1.スキンシップが大事

寄り沿って見つめ合うカップル イメージ

まず一つ目。部屋でそっとスキンシップを取りましょう。手を握るなどからそっと始めることが大切です。そして相手の様子をうかがいましょう。

女の子はそっと触れられているだけで安心します。手をゆっくり握って、そして次第に強く握るなど強弱も変えてみると、女の子が「何かな?」と不思議に思います。それだけで、相手が何かを訴えてると気づかせることができます。

相手がこちらに集中してきた時にじっと見つめることも大切です。微笑みかけたり、ちょっと甘えてみるのもいいでしょう。手だけでなくて顔を触れたり、普段は触らないような所触って見るのもいいでしょう。

しかし、デリケートな部分ではなくそっと、ちょっと触れられたらドキッとしてしまうところ。例えば頭とか、耳とかもいいでしょう。それをゆっくり時間をかけて触れていくことで相手が他にも触って欲しいと思い始める可能性があります。

それでもじっと、優しく触れることが大切です。

強引に行くことで女の子はびっくりしてしまい、恐怖に感じてしまうことがあります。それでは台無しになります。

男性がリードさせているのではなく、女の子の判断をゆだねるように優しくしていくことが大切です。

女の子がそっと声を出したり、相手の手を求め始めるとそこからそっと場所を移動させてみましょう。強すぎないように優しく触って行くことが大切です。女の子の反応をしっかり確認しましょう。理性をなくさないことがとても重要です

2.優しい言葉をかける

好きだよと彼女に囁く男性

二つ目は言葉です。触れる、スキンシップと同じで優しい言葉をかけることが大切です。

疲れている女の子に「お疲れ様」などねぎらいの言葉だけではなく、話をしっかりと聞いてあげることはとても大切です。

女の子はおしゃべりが好きな子が多いです。仕事などで疲れている人には少なからず愚痴があります。それを聞いてあげましょう。面倒な表情は一切しないでおきましょう。

そして、相づちも大切です。じっと返事をしないと「聞いていない」と思われてしまいます。聞き流してもいいので、聞いているという態度を出すことが大切です。

そして、それを否定しないことも重要です。

相談を持ちかけられたとしたら解決策を男性は考えがちですが、「どうだろうね」など同じようにわからないふりをすることも大切です。

せっかくちょっとムードになっているのにもかかわらず、一言で台無しになることもあります。

的確な答えが出なかったりしても構いません。そういった場合は素直に「わからないな」や「俺には難しい」などと謙虚に出て行くこともいいでしょう。

その言葉で相談もどうでも良くなることがあります。笑い飛ばしてしまえるような悩みを女の子は抱え込むこともあるので、そういったことも見てあげることも大切です。

そして、ロマンチックな言葉をかけてあげるのもいいでしょう。しかし、その言葉はできるだけ少なくする方がより感動的になります。多用しすぎることでこの人は嘘くさいとならないようにきをつけましょう。

3.男の力強さが出るところに惹かれる

強引に押し倒す男

3つめは強引さです。強引すぎる人はだめですが、ほどよく強引さを女の子は求めています。それは男の力強さが出るところに惹かれるからです。

「いや」と言っているけど「いい」の裏返しもあります。そんなあまのじゃくな女の子はとても多いです。

集中してなにかをしているときにはあまりオススメできませんが、逆にこちらが集中しているフリをしてみるのも良いでしょう。

相手はこっちを見てくれていないと少しスキが出来ます。そのスキを狙ってどんと強引に押し倒したり、キスをしたりすることでギャップが生まれドキドキしてしまいます。

自分のことを見ていないと思っていたのに、実は見ていた。そういった強引な感じがたまらなく性的欲求をアップしていきます。

ただ、強引でも注意が必要です。痛さや強さがあまりにもあると女の子は恐怖におののきます。強引さの中の優しさが女の子には惹かれます。

強くベッドに押し倒して、強引に服を脱がす。これでは強姦されていると感じる人もいます。強くベッドに押し倒したのであれば、そっと優しく撫でましょう。

相手がゆっくりと感じていることを確認して行くことが大切です。

強弱のメリハリも必要です。その優しさが長いと逆に女の子はじれったいと思ってしまうこともあります。

ゆっくり撫でた後には、息が切れるほど深いキスをする。そういった強引さをさらにアピールしていくことで男の強さを再度感じることが出来るでしょう。

4.キスで誘う

キスをする若いカップル

4つめはキスです。スキンシップや言葉の中にも入ってくると思いますが、キスというのはとても重要です。

エッチは好きじゃないけどキスは好きという女の子はとても多いです。

男性は性欲を満たすためにエッチを必要としていますが、女の子はぎゅっと抱きしめられたり、優しいキスをされることで性欲が満たされます。

それで女の子が満足してしまっては、男性の方が満足できないのではないでしょうか。それにはエッチがしたくなるようなキスが必要となってきます。そんな気は無くても、キスだけでエロさを出すことは出来るのです。

キスをする前にエチケットも必要です。口臭をしっかりと確認しましょう。そういう気分になったとしても、口臭ひとつでその場の雰囲気はがらりと変わります。

歯磨きをする、食べ物を気をつけるなど注意する必要があります。あまり気が乗らない、または相手の気持ちが分かりづらいときにはフレンチキスから始めるのがよいでしょう。

「何?」とびっくりしたり、照れたりするとそれから先に進むことができます。そういった小鳥キスのような感じで甘えてするのもいいでしょう。

そして、女の子が少しでもキスを求めてくるような素振りが見えたら少しずつ時間を長くしていきましょう。

時間が長くなっていくと、舌を入れて相手が答えるようであればそれに応じてあげることもよいでしょう。そのまま息が切れるようなキスが出来たら、ベッドへ優しく誘うことが容易でしょう。

5.冷たい態度をとる

そして最後、5つつめは少しあえて冷たい態度を取るです。

女の子は常にエッチがしたいと思っているわけではありません。男性よりも性欲は少ない場合もありますし、生理の影響で苛々しがちです。それに男はわからず、本当にふてくされたり女心を分かろうとしなくてカップルに溝が出来てしまうこともあります。

一番大切なのは分かろうという姿勢です。しかし、男性陣も常に心に余裕があるわけではないのは承知です。時に強く当たってしまって、女の子も後悔することも多いでしょう。

スキンシップをはかって強く拒まれたら男性もいい気はしないですし、怒りたくもなります。ただ、そこは拗ねるという行動にでるのもいいでしょう。

ちょっとふてくされる、また冷たい態度で「別に」とそっけなく言ってみることで、女の子は後悔するはずです。

しかし、そこで意地を張るのはやめましょう。女の子が少しでも謝る素振りや、甘えてくる様子であれば「ちょっと苛々したごめん」とあえてこちらから謝ることで女の子の気持ちは意地が消えていき、「こっちも苛々してごめん」と素直になることが出来るでしょう。そうすると、ちょっとした罪悪感とその素直さにさらに惹かれたりして、身体を許してくれるでしょう。身体だけでなく、心の距離も少しずつ近づくのではないでしょうか。

こういった5つの方法を駆使することで、女心をわしづかみにして自らの性欲を大好きな女の子にぶつけることができるのです。必要なのはちょっとの我慢です。