1. アダルトグッズ
  2. 現在のページ

iroha STORE大丸梅田店に行ってみた!実体験を元におすすめ商品や使い方のコツも紹介

投稿日: 2021年12月09日

iroha STOREのある大丸梅田の外観

日本人女性の大半が経験していないといわれるパートナーとの性行為での「イク」という快感。その快感を求めて貪欲に取りくむ女性たちが必ず出会うといってもいいアイテムが「iroha(イロハ)」。女性用TENGAとして女性目線で考えつくされた上で登場したこのブランドの商品ラインナップの違いや、使い方、選び方を筆者の実体験も踏まえながらわかりやすくお伝えします。

筆者はセルフプレジャー歴約30年、iroha愛用歴1年のバツイチ30代。幼少期に性に目覚めてからあまり周りに話す事なく大人になり、今40歳を手前に本気でパートナーと「イク」という事に向きあい始めて「iroha」に出会いました。

irohaとは

irohaのコンセプト

一斉風靡した「TENGA」の姉妹ブランドの位置づけで、どこまでも女性視点で考えられたセルフプレジャー・アイテムブランド。単なる膣内外に使用できる器具だけでなく、膣クリームや香りを重視したキャンドルなど、ここ数年で幅広いアイテムを発売しています。

一人で使う事に特化したアイテムもあれば、パートナーと使う事を意識して作られているものもあり、店頭で購入するとわかりやすく説明してくれます。

irohaの特徴としては、なんといっても、その考え抜かれたデザイン性。私も何種類か購入したが、とにかく柔らかいパステルカラー調でインテリアとしてもおけるため、充電中などに部屋内においていてもあまり違和感のない作りになっているのはありがたいです。

irohaのラインナップ

器具充電タイプ

iroha(イロハ) FIT

こちらは、USBで充電して使用するタイプの器具で大きくわけて、「iroha」・「iroha+」・「irohaFIT」「irohaRiN+」・「irohatemari」・「Ukidama」の展開があります。

それぞれに特徴があるが、膣の中にいれて使う「中イキ」用も兼ねたものや、膣の周りを刺激する「外イキ」用に特化したものに分かれています。
形状は様々で、いろんな角度であてると違う刺激が与えられるような作りになっているものもあるので、1種類で様々な楽しみ方ができるようになっています。
材質に関しては共通して、とにかく柔らかく、ソフト感重視。1回の充電で何時間ももつが、充電をしなさすぎて行為中に振動が止まった事があったので、数回に1度はこまめに充電をすることをおススメします

器具電池タイプ

 iroha stick

こちらは電池式で、大きく分けて、「iroha stick」「irohamini」「iroha ZEN」「irohaRiN」「iroha petit」の展開があります。
こちらも充電タイプと同じような特徴差があります。

器具オプションアイテム

iroha MOIST GEL

泡で出てくる専用クリーナーやボディケア用の保湿ジェルなど。こちらに関しては、私も購入して使用してみたが、成分的にもクオリティが高いものは他にもあるという印象を受けたので、わざわざここでそろえる必要はないかと思います。

若干ヒリヒリしたりもしたので、肌が弱い方は注意。

デリケートゾーンケアアイテム

イロハ インティメートケア VIO

Irohaの姉妹ブランドとして完成された「iroha INTIMATE CARE」は、デリケートゾーン用シャンプーやオイルなどの展開があります。
こちらに関しても器具オプションアイテムと同じく、成分的にも他にも成分的に良いモノはたくさんあるので、他のデリケートケアアイテムを探す事をおススメします。

irohaの購入に関して

どこで購入するのがベスト?

iroha STORE 大丸梅田店

出典:iroha STORE 大丸梅田店

私の経験上、初回は店頭で購入する事をおススメする。店頭といっても、ドン・キホーテ等の家電量販店ではなく、できれば大阪に住んでいる方は、大丸梅田になる初の常設店である「iroha STORE」に行っていただきたい。理由は、フルラインナップを手に取る事ができるのと、鍛え抜かれた店員さんによる接客がお見事だから。

常設店で購入する時の準備

私はただ単に足を運んでしまったのですが、のれんをくぐるとそこは別世界で完全に店員さんがマウントをとる形になります(決して悪い意味ではない)。

質問攻めにあう事もしばしばなので、次の2点ぐらいは考えてから常設店に行く事をおススメします。

  1. セルフプレジャー用の商品が欲しいのか?中イキ用の自己開発用がほしいのか?
  2. パートナーと一緒に楽しむ器具がほしいのか?

「ここは日本なのか?」と思えるぐらいぐいぐい食い込んだディスカッションが始まるので、心してご訪問ください。

商品購入に関して気をつけておくこと

常設店以外で購入する場合は、説明がないままの購入になるので、以下の点は気をつけてもらう方がよいです。

私は最初見た目にもかわいい持ち歩きしやすい器具電池式の購入を考えていたが、充電式と電池式の場合、バイブの振動域が異なるらしく、圧倒的に充電式の方が刺激を感じやすいという事です。
手に取って試すと、バイブの振動が明らかに違うので、本気で膣の自己開発や中イキを考えている人は絶対に充電式にした方がいいです。
あと、形は様々あるが、特に中イキを目指す場合は奥までいれこんで使用するので、形状はまずはシンプルなものを選ぶとよいでしょう。私もいきなり波うった形のものを購入しようとしたが、シンプルにして正解でした。理由は中イキの練習に慣れていないと、奥までいれるのがかなり大変になってくるので、シンプルな形状がベター。特に悩んだ場合は、iroha+で十分です。

irohaの使い方や練習方法

目的をはっきりさせる

購入した商品によるが、私の場合はセルフプレジャー用と「中イキ」用=自己開発用の2種類を購入しました。それぞれ使い方が大きく異なるので、目的によって使い方や使う場所なども変えています。

後、器具の説明書には膣内の中への入れ方までは載っていないので、ネットなどで膣内の形状を検索して把握した上で使用を開始する方がいいです。

セルフプレジャー用の使用方法の注意点

こちらはオナニー目的で自分が気持ちいい部分をひたすらバイブで刺激する形なので、場所は自分が好きな場所で、興奮する環境の中、例えば私の場合はAV鑑賞しながらとかで使用しています。快感に任せてするだけなので、オナニー経験済みの方は特に気を付ける事はありません。

Irohaシリーズの場合は、バイブの調整切り替えが商品によっては5段階ぐらいあるので、自分が好きなバイブ調整を楽しめるので毎回違った感覚を味わえるのがよいです。
あとは、形状によっては、クリトリスを挟む事ができるような作りになっているものもあり、それを使うとより強い刺激が受けられます。

素材はソフトな作りで人肌になじむので、はじめは胸やお腹や内もも等、自分の性感帯をなぞってから、デリケートゾーンの刺激に変えると快感が増幅します。

「中イキ」用・自己開発用の使用方法の注意点

膣の奥まで突っ込んでいくので、最初なれるまではお風呂に入って、湯舟の中で試したりする方がよいです。
私もはじめはベッドでいろんな体制で挿入してみたが、これが結構難しく、奥にいれようと思えば思うほど身体が緊張してこわばって入りにくくなるので、できるだけリラックス状態で、抵抗の少ない水中で行うとするっと奥まで入りやすいです。
私の場合は、ポルチオのあたりまで器具をあてようとすると、irohaのシリーズはほぼ最後までいれこまないといけなかったので、挿入する方向なども気をつけていれなければいけないのがミソ。こちらは快感を覚える事が目的ではなく、パートナーとの性行為に自分がどこにあてればいいかを練習する目的でもあるので、身体はリラックスしたままで頭は自分の膣を意識しなければいけません。

irohaシリーズの場合、ソフトな素材なので、強引に奥まで差し込んでもそんなに痛みなどはないが、バイブ調整のボタンが少し飛び出ているので、勝手に膣にあたってモードが切り替わってしまう事もあって、私も急に刺激が変わって、最初の頃は驚いきました。

まとめ

iroha」を購入して使用してみてわかった事は、まずは自分の快感に対しての目的をはっきりさせた後に、商品をできれば常設店に選びに行くとミスマッチが少ないです。

後、説明書には挿入の仕方等は書かれていないので、自分で調べて自分のマニュアルを作っていく考えで使っていくと、快感が増していくのでおススメです。