1. TOP
  2. 男心
  3. 現在のページ

恋愛が長続きするコツとは?手放したくない彼女になる方法

更新日: 2017年02月23日
手放したくない彼女

恋愛の出だしは誰しも浮き足立って幸せの絶頂に立っているものです。
そのはずなのに、それが3ヶ月、1年、3年…。日を重ねれば重ねるだけなんだかその幸せが平凡な日常になってしまって刺激が足りないなんて不満が出てきたりしませんか?

あんなに好きで、恋いこがれて付き合ったはずなのに気づいたら彼のアラばかり見えてきてしまったり。
でもそんな時、ほぼ100%彼も同じ気持ちになっています!

いつまでも特別な手放したくない彼女と思われたいですよね。それは実はそんなに難しい事ではないのです。

今回はそんな恋愛が長続きするコツをいくつかご紹介したいと思います。

スポンサーリンク
ゼクシィ縁結び

手放したくない彼女になる10の秘訣

1.どんな時も彼の味方になる

長くおつきあいを続けて行く中で小さい事、大きい事、様々なトラブルに巻き込まれる事もあります。

そんな時、毎回毎回、彼が正論を言っているとは限りません。

時には怒りで頭がいっぱいになって本心でない事を口走っている事もあります。
それを周りに非難されてしまうこともあるでしょう。
そんな時、彼女まで自分を否定してきたら彼はどんな気持ちになるでしょうか?
少し寂しいのではないでしょうか。

ここで大切なのは彼が間違っている事まで肯定する必要は無いという事です。
大切なのはあくまでも否定サイドにまわらない、ということです。

2.否定の仕方は易しくさとすように

そして次に出てくるのが否定の仕方です。

彼の行動全てを肯定していたら彼は成長しません。
怒りが静まった頃、冷静に話をしてみましょう。

二人での喧嘩もお互いがヒートアップした状態より、一度冷静になったときの方が円満に解決できる事が多いです。

あの時、こうすればよかったんじゃない?
私はこうしてほしかったな。

やらないで!!
あの発言むかついた。
なんであんなことしたの?

などの否定ではなく、お願いとして話してみてはどうでしょうか。

ここで重要なのは話すタイミングです。

冷静になった頃、二人のときに話しましょう。

1ヶ月後、あのとき、なんていわれても「その時言えよ!」になってしまいますし、皆の前で行動を否定されるのは彼氏のメンツが丸つぶれです。

3.欲を満たす努力をする

食欲、性欲、睡眠欲。大切な三大欲求です。
コレを満たしてくれる彼女を大切にしない男はいません。

この欲求、3つとも大切な人もいますし1個に特化して重要視している人もいるでしょう。そこは彼女さんが一番わかっていますよね?

食事が好きな人は、料理の腕前をあげる、レパートリーを増やす。
特別ディナーも作れるけれど、冷蔵庫の食材でパパッと定食が作れるようになる。

性欲が強い人は飽きの来ないセックスライフを送る努力をする。
恥ずかしがらずに、どんなプレイがしてみたいのか、場所や格好なんて言う人もいるでしょう。

性欲が強いけど彼女に強要できないなんて、本音を言い切れていない男性も多いと思います。
そんな時、彼女が積極的になってくれたらとてもうれしいですよね。

睡眠が好きな人は休みの日くらいゆっくり寝かせてあげましょう。
朝食の匂いで目が覚めたらとても幸せな気分になりますよね?

一緒に住んでいる人はこまめにシーツや枕カバーを洗濯して。
カバーも1段階上質なものにしてみましょう。
日常的な彼の性格が温和になってくるはずです。

4.ほめるときは大げさなくらいに

どんな男性でもほめられるのは大好きです。
そして女性が思っている以上に男性は自信のない人が多い。
どんなことでも構いません。

お皿を洗ってくれてありがとう。
今日は美味しいレストランに連れて行ってくれてありがとう。

楽しかった
おいしかった
うれしかった
今日あなたといられて幸せだった

ちょっぴり恥ずかしくても声に出して伝えてみましょう。
いやがる人はいないはずです。

5.彼の友人も愛する

彼の友人は彼が好きな人、そして彼を愛してくれている人です。
もちろんあわないひともいるかもしれません。
でもいい面を見るように。お世話になっている彼の友人を好きになる努力をしてみましょう。

6.彼の悩みにアドバイスをしない

男性と女性が討論をしたとき、本気を出したら女性が勝ってしまう事が多いのではないでしょうか。

恋人関係の中で正しい事を言う事、相手に勝つ事、正論を通す事はさほど重要な事ではありません。

彼氏の悩みに本気でアドバイスをしたら、そんな事お前に言われなくてもわかっている、とならないでしょうか。

そこでお勧めしたいのが聞く側に回る事です。

徹底的に聞くだけにして下さい。
そして意見を求められたときに初めて自分の気持ちを伝えてみて下さい。

求めてもいないのに、正論をまくしたてられるのと全然違う結果をうむと思います。

7.浮気を責めない

浮気を責める女性

浮気の証拠が出てきたら。。
ショックですよね。
はらわた煮えくり返って「仕返ししてやる!」なんて思いますか?
それとも悲しみにうちひしがれて「私ショックだったの」アピールをしますか?

一番やりがちなのが証拠を突きつけて怒る事ですよね。
でもこれはいずれも逆効果です。
コレは彼女側の気持ちを感情に任せて押し付けているに他ありません。

まずはなぜ彼が浮気をしてしまったのか考えてみましょう。

今回が初めてで前科がない場合、二人の間に問題はありませんでしたか?
最近マンネリしていた、なんだか一緒にいても楽しくない、そんなぎくしゃくした前兆はありませんでしたか?
まずは二人の問題を解決する事から始めて見ましょう。

何度も浮気をする人の場合、そんな彼でも愛せますか?
3度以上浮気経験のある人はまず間違いなく今後も浮気をします。
それは本能かもしれないし、本当にもてる人なのかもしれません。

彼の性なのです。
彼の人格の一つとして認めるしかありません。

浮気相手に「いつもお世話になっております」と堂々と言えるくらいの器量が無いと彼の1番に君臨する事はできないでしょう。

どちらのタイプの男性とおつきあいしたとしても大切なのは、「彼と今後どうして行きたいか」なのです。もちろん二人の今後について話し合う事は必要ですが

浮気を責める

ということは絶対にしてはいけません。

8.ぞっこんだと思わせない

ここまで彼氏に尽くしているような彼女像を描いてきましたが、これだけでは彼の心をつかんでおく事はできません。

男性は元々狩猟民です。釣った魚にエサをやらないとはよく言ったもので、ぞっこんなそぶりをみせると調子に乗ってしまうものです。

「本当に俺はこいつと何年も付き合っていていいのだろうか」
「別にもっと相性のいい子がいるかもしれない」

人間は欲深い生き物ですから心が安定してしまうと「もっともっと上質なものを」もとめてしまいがちなのです。

そうならないために、他の人との時間もちゃんと取りましょう。

自分のフリーの時間を全部彼につぎ込んでいたら
「あいつ、俺にあわせてくれるから」
と傲慢になってきます。

「今日は友達と約束がある」
「今日は実家に帰る」
などフリーの時間を彼以外にあてることも大切な事です。

一緒にいない時間があるからこそ一緒にいる時間を大切にできるのだと思います。

9.異性でいる努力をする

長く付き合っていると家族のようになってしまうなんてよくいいますよね?

でも、父親と手をつないだりキスをしたりしますか?
親子は家族に慣れますが夫婦は家族であってもあくまで他人、そこを間違えてはいけません。

長く付き合っていると部屋では部屋着でメイクもせずに1日家にいたり最悪オナラなんてしたりしていませんか?

彼氏もするからいいじゃない、は通じません。
男性は女性よりもシビアです。

口では別にリラックスしたところではそれで良いよなんて言いますが、あるとき、ふと
「なんでこんなおばさんと一緒にいるんだっけ?」
なんて思われてしまいます。

そんなおばさん認定された人とキスしたり、それ以上の事をしたいと思うでしょうか?

男性の優しい言葉にだまされてはいけません。
彼氏の前ではできる限り女でいる努力をし続ける事が必要なのです。

10.彼の父と母を参考にする

これは裏技ですが長くおつきあいをすると、彼のご両親にお会いする事もあるかもしれません。
そんなとき、よくご両親を観察しておきましょう。

お父さんは将来の彼氏です。それを長年うまくやってきたのがお母さんです。

中にはご両親と仲良くやってこなかった彼もいるかと思います。

父親のようになりたくないと意識的に別の人格になるように生きてきた彼もいるかとおもいます。
でも、要素として必ず一部分、父親から譲り受けたもの、母親から譲り受けたものを感じる事があるかと思います。

このご両親の性格、関係性を観察して行くと自分たちの関係がよりうまく行くヒントが隠れています。

最後に

以上、特別な手放したくない彼女と思われ、恋愛が長続きするコツをみてきました。

世の中色んな人がいます。優しい人、かっこいい人、頭のいい人。
他にもいい人がいるかもなんていいだしたらきりがありません。

そんなことするくらいならせっかく縁のあった彼を大切にしてみませんか?
大切にしたら大切にされます。

仮に大切にされなかったらちょっぴり悲しいけれど悔いは残らないし、次の恋に必ず役に立ちます。

大切にしたのに大切にしてくれない男なんて、こっちから願い下げしてしまえば良いのです!!
縁のあった彼と、少しでも多くの女性が幸せでいられますように!